車を手放したい時に役立つ情報

車を手放す時にローンが残っていても大丈夫!高く売る方法と手順

投稿日:2019年5月6日 更新日:

ヒロシ
マモルさん、急遽、車を手放そうと思っているんですけど、私が乗っている車はローンがまだ残っているです。。そんな状態でも車を売ることはできるのですか?
ローンが残っていると、売却の前に手続きが必要ですが、売る事は可能ですよ。
マモル

この記事ではローンが残っている車の処分について詳しくお伝えしています。

生活の変化で車を手放す必要が出てくる事はたくさんあります。

 

しかし、その時にまだ車のローンを支払っている状態であったら、車を売ることは出来るのでしょうか?

また、出来るとしたらどのような手順で進めて行けばよいのか。

このような疑問に分かりやすく解説していきます。

 icon-tags まずは車検証で車の所有者を確認しよう

まずは手放そうと思っている車の所有者をきちんと確認しましょう。

それ次第で対応する方法が変わってくるからです。

所有者の確認は車検証をみればすぐに分かります。

このように所有者の氏名の欄を確認して下さい。

この欄にあなたの名前が記載されていれば、その車はあなたの物です。

すぐに手続きをすることで売却出来ます。

少しでも高く売って、手元に残るお金を増やしましょう。

⇒車を高く売る方法はコチラ

 

しかし、所有者の氏名の欄が以下のような名前になっていたら注意が必要です。

  • ローン会社
  • 信販会社
  • ディーラーや中古車販売店

これらの場合、ローンが残っていることを意味しています。

他人の名義になっているため、勝手に車を売ることは出来ません。

まずは、車の所有者が誰なのかしっかりチェックしておきましょう。
マモル
ヒロシ
ちなみに我が家の愛車スペイドはこうなっていました(汗)

しっかり、ディーラーの名前になっていますので、ローンがまだ残っていることを意味します。

こういった状態の車は手放す事が出来るのでしょうか?

次の章から詳しくお伝えしていきます。

 

まずは無料で買取額をチェック!

 

ローンが残っている車でも手放す事はできる!

結論から先にお伝えしますと、ローンが残っている車でも手放す事は可能です。

なぜなら、名義変更をすることであなたの車となり、売却出来るからです。

ローンが残っているままだと、車の所有者は通常、ローン会社やクレジット会社になっています。

所有者の欄がディーラー名になっています。

 

つまりその車はあなたの物ではなく、ローン会社など他人の物だと言えます。

他人の車を勝手に売る事はできません。

そのため、名義を変更し、所有者をあなたにする必要があります

ヒロシ
どうやって所有者を私に変更するのですか?
簡単です。ローンを全て返済すれば良いのですよ。
マモル

今残っているローンを完済すれば、所有者はローン会社からあなたへ変更になります。

車はあなたの物ですから、売却するのも自由になるワケです。

 

  • ローンが残っていても車を売ることはできる
  • ただし、ローンを全て返済して名義を自分のものに変更する必要がある

この2点がポイントです。

 

ココに注意

一言でローンといっても様々な種類があります。

その1つに銀行のマイカーローンがあります。

銀行のマイカーローンの場合、車の所有者はあなたの氏名が記載されています。

通常であれば、所有者があなたなので、すぐに車を手放す事ができますが、マイカーローンの場合、勝手に売却できない場合があります。

規約によって、ローン返済が終わるまでは売る事ができないと記載されているからです。

よって、車を手放したいと思った時はマイカーローンを利用している銀行などに確認することをおすすめします。

 

ローンが残っている車を手放す具体的な手順

ローンが残っている場合、まずは完済してから名義を自分のものに変更する必要があるとお伝えしました。

 

そのための具体的な手順は以下の通りです。

ローン残債の確認

まずはローンがいくら残っているのか確認します。

車検証に記載されている所有者に連絡することで金額が分かります。

ディーラーであれば、車を購入した販売店、信販会社であれば、連絡先を調べて車のローンを返済したいと伝えます。

 

ローンの返済

ローンの残債がいくらか分かったら、お金を準備して返済します。

手持ちのお金で支払うことが出来る金額であればすぐに返すことができますが、何十万も残っている場合は簡単に用意できる金額ではないかもしれません。

そういった場合の対処法として、

先に車を売って、その売却金額をローンの返済に充てるという方法があります。

詳しくはこちら

>>車を先に売却してローンを返済する方法

 

書類の提出

ローンを返済したら、ローン会社などから書類を送付するように指示を受けます。

これは所有権を解除するために必要な書類です。

 

具体的には以下のような書類の送付を求められます。

  • 委任状
  • 印鑑登録証明書
  • 車検証のコピー
  • 納税証明書
  • 所有権留保解除承諾書(ローンを完済した証明書)など

必要な書類はディーラーやローン会社によって違う場合があるので、必ず確認して下さい。

書類の送付が終わったら、

  • 印鑑証明書
  • 委任状
  • 譲渡証明書

といった名義変更に必要な書類が届きます。

 

名義変更手続き

書類が揃ったら、名義変更をするために陸運局に行きます。

(軽自動車の場合は軽自動車検査協会に行きます)

そこで名義変更手続きを済ませると所有者があなたに変更されます。

 

車を売却する

所有者があなたに変更されたので、車を売却することができるようになりました。

後は少しでも高く買取ってくれるところに手放しましょう。

高く買取ってくれる業者はコチラをご覧下さい↓

>>車を高く買取ってくれるおすすめの業者

マモル
ちなみにローンを返済して、書類のやりとりをするまでの過程(ステップ①~③まで)を所有権留保の解除といいます

 

ここまで順に解説してきましたが、正直、1人でやるのは大変です。

ローン会社などに連絡して交渉する必要があるし、ローンは契約なので、解約手数料を取られる場合があります。

お金を用意して返すだけでなく、書類の準備や名義変更手続きまで自分でやらなくてはいけません。

ヒロシ
車に詳しくない私ではとてもできそうにありません(汗)
大丈夫!車を手放すのであれば、その道のプロに頼めばいいんだよ。
マモル

 

ローンが残っている車を売りたいのであれば、買取業者に相談するのがおすすめ

その理由は次の3つです。

ローンが残っている車は買取業者に売るべき理由
    • 買取金額をローンの返済に充ててくれるから
    • 所有権留保解除の手続きを無料でやってくれるから
    • ディーラーよりも高く買取ってくれるから

 

買取金額をローンの返済に充ててくれる

通常、ローンを返済してからでないと所有権の解除ができないため、車を売ることはできません。

しかし、車のローンは簡単に払える金額ではないことがほとんど。

それでも急な転勤などで手放さなければいけない時があります。

そういった場合に便利なのが車の買取業者に査定してもらって、その金額をローン返済にあてること

例えば、ローンがあと80万円残っていたとします。

査定に出してみたところ、100万円で売れることが分かりました。

 

その場合、車を100万円で買取ってもらうと同時に、ローンの返済も買取業者が行ってくれるというわけです。

つまり、買取業者を利用すると、ローン返済と車の売却が同時に完了することになります。

しかも、この場合あなたの手元には20万円が残ることになります。

 

ヒロシ
すごい!本来なら自分でやらないといけないことをほとんどやってくれるんですね。
そうだね。こちらがやるべき事は書類を準備するくらいかな。
マモル
ヒロシ
しかもローン残債より高く売れたらお金も返ってくるし、一石二鳥ですね。

もし、ローン残債の方が査定額より高かった場合でも対処法はあります。

詳しくはこちら

>>ローン残債が買取金額より高い場合の対処法

 

所有権留保解除の手続きを無料でやってくれるから

ローンの返済から書類の受け渡しまで行い、所有権をローン会社やクレジット会社などから返してもらうことを所有権留保の解除といいます。

手順でお伝えしたように、所有権留保解除の手続きには色々な作業が必要で個人でやるには負担が大きいと言えます。

 

しかし、買取業者に車を売却することで、これらの手続きを全て代行してくれます

こちらはユーカーパックという買取業者のHPから用いた画像です。

ユーカーパックが所有権の解除を行うと記載があります。

必要な書類をそろえるだけで、面倒な連絡や手続きを行わなくてすみます。

ヒロシ
普段、仕事でローン会社やディーラーに連絡する時間がない方にとってありがたいサービスですね。

 

ディーラーよりも高く売れる

車を売却して、ローン返済を行う場合や所有権留保解除の手続きは車の買取業者だけではなく、ディーラーでも行えます。

 

しかし、車を売るつもりであれば買取業者へ依頼することをおすすめします。

なぜなら、ディーラーよりも高く買取ってくれるからです。

こちらは下取り価格よりも高く買取ってくれた事例です。

下取より25万円も高く売れています。

 

トヨタで人気のミニバン車種:アルファード

下取りの相場価格は74.7万円となっていますが、

ユーカーパックでは105万円で売却されています。

約30万円もお得です。

 

他にもたくさんの実績があります。詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

車の下取りと買取りではどちらがお得?実際に比較した結果を公開!

続きを見る

 

大切なのは少しでも高く売る事です。

なぜなら、高く売れた方がローンの完済に近づきますし、手元に残るお金も増えるからです。

安く手放すと、ローンが返済できないかもしれません。

そうなれば、逆にお金を手出しして返済に充てる必要があります。

そういった事を防ぐために、ディーラーの下取ではなく買取をおすすめします。

 

まずは無料で買取額をチェック!

 

ローン残債が売却金額より高い場合の対処法

ヒロシ
マモルさん、もし車を売ってローンを返済しようとした場合、ローンの残債が売却金額より高い場合はどうればよいのですか?
そういった場合でも対処法はあるので安心して下さい。
マモル

例えば、ローン残債が80万、売却金額が50万円だったとします。

その場合30万円足りないことになります。

不足分の30万円を返済しなければ、車は売れません。

 

その場合の対処法は次の2つです。

ローン残債>売却金額の場合の対処法
    • 手元にあるお金で支払う
    • 新たにローンを組み直す

 

手元にあるお金で支払う

貯金など個人の資産から手出しすることで不足分をカバーします。

ローン残債と買取金額の差がいくらかによりますが、すぐに準備できる金額であれば1番早い対処法になります。

 

新たにローンを組み直す

もし、手元に準備できるお金がないのであれば、ローンを組み直す方法が有効です。

今回の例で言えば、30万円を新たに金融機関に借りて、それを不足分として支払う事になります。

当然、30万円分のローンが新たに発生しますが、ローンは完済できるので、車を売る事はできるようになります。

 

ちなみに、新たにローンを組み直す場合は、銀行のマイカーローンがおすすめです。

審査は厳しいかもしれませんが、金利が安く借りられますのでお得です。

最近はキャンペーンなどでよく見かけますので、利用している銀行に相談してみるのも良いでしょう。

マモル
もちろん、買取業者でも相談に乗ってくれますので、査定金額が出た後に足りない場合はどうしたらよいのか、たずねてみましょう。

 

高く買取ってくれる業者に売ることがローン完済のポイント

ここまでお伝えしたようにローンが残っている車でも手放すことはできます。

最も重要なポイントは次の2点

  • ローンがいくら残っているのか。
  • 買取ってもらう場合はいくらの査定額になるのか。

この2つをしっかり把握しておくことでスムーズに車を手放せます。

 

そして、出来るなら高く買取ってくれる業者に依頼することをおすすめします。

高く買取ってもらうことで得るメリット
    • ローン完済に近づく
    • ローン返済が楽になる

もし買取額がローン残債よりも高い金額であれば、ローンが完済できさらに余ったお金が手元に残ります。

仮に、ローン残債が買取金額よりも多かったとしても、ローンを組み直すことで、負担を減らすことができます。

 

ユーカーパックなら高く売却できる&無料で手続き代行してくれる!

もし、ローンが残っている車の売却を考えているのであればユーカーパックに申し込むことをおすすめします。

>>ユーカーパックの公式サイトはこちら

 

ユーカーパックであれば、下取よりも高く車を売却出来ます。

実際に利用した方の感想がコチラ↓

実際に利用した方の実績が公開されていると、本当にユーカーパックで高く売れることが分かりますね。

 

さらに、所有権留保解除の手続きなど無料で行ってくれます。

具体的な流れは以下の通りです。

画像引用:ユーカーパックHPより

必要な手続きも代行してくれるので、車に詳しくない方でも安心ですね。

 

ローンがある車でも簡単に手放す事ができるユーカーパック

1度お車を見てもらうことをおすすめします。

高い査定額をつけてくれるので、ローン返済の手助けになるはずです。

申し込んだからと言って、絶対に売らなければいけないわけではありませんので、安心してご利用下さい。

>>ユーカーパックの公式サイトはこちら

 

 

-車を手放したい時に役立つ情報

Copyright© ~初心者でも失敗しない車の売り方~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.