車に関するQ&A

ダイハツ6ヶ月点検の時間!実際に出して分かった3つのこと

投稿日:2019年7月30日 更新日:

ヒロシ
マモルさん、ダイハツから6ヶ月点検のお知らせが届きました。
定期的に車をチェックして、異常がないか教えてくれるから受けた方がいいよ。
マモル
ヒロシ
でも、今週は仕事が忙しくて…。どれ位時間がかかるものなんですか?

「6ヶ月点検のお知らせ」

ダイハツの車にお乗りの方であれば、ディーラーからハガキでお知らせが届くと思います。

6ヶ月点検は法律で決められた点検ではありませんが、日頃使っている車をチェックしてもらうために私は必ず受けるようにしています。

 

でも、初めて6ヶ月点検を受ける方にとっては

  • どれくらい時間がかかるのだろうか?
  • 料金はどれ位?
  • 予約は必要?

このような疑問もあるかと思います。

 

この記事では実際に私が経験した事をふまえて、これらの疑問にお答えしていきます。

特に時間に関しては忙しい方も多いと思いますので、最初にお伝えしていきますね(^^)

 

ダイハツの6ヶ月点検にかかった時間は70分!

早速ですが、私が実際にダイハツの6ヶ月点検を受けた際にかかった時間は70分でした。

約1時間10分ということですね。

 icon-tags 6ヶ月点検の具体的な流れ
  • 13:00 ダイハツに来店・整備士と話をして鍵を渡す
  • 13:05 お茶をいただく・店内で待つ
  • 14:05 点検終了・料金や修理箇所の説明
  • 14:10 ダイハツを出発

まず、私はあらかじめ予約してダイハツに行きました

 

飛び込みで行くと、工場の混雑具合によってはすぐに点検できない場合があります。

スムーズに終わらせるために電話予約しておきました。

誰でも待つのはイヤですからね(^_^;)

 

13時に予約して、予定通りに来店。

すぐに受付の方が来てくれて、整備士さんを案内されました。

(整備士さん)「特に変わった所はありませんか?」

そうたずねられたので、「特にありません。」と答えました。

 

運転していて何か気になる所があれば、この時に伝えておくと調べてくれますよ(^^)

 

(整備士さん)「お時間は1時間ほど頂戴しますが、よろしかったでしょうか?」

(私)「わかりました。」と答えました。

 

あらかじめ、いつ頃終わる予定か教えていただけると、今後の予定などを組めるのでコチラも安心できます。

 

後は、鍵を渡して涼しい店内で待つだけ。

この日は暑かったので冷たいウーロン茶をいただきました。

 

ちなみに、こちらのお菓子はダイハツカフェといって、ダイハツさんのオリジナルのお菓子なんですよ。

これが美味しいんです(^^)

ダイハツに行く時は何気にこれが楽しみだったりします。

 

ディーラーの中ではテレビを見たり、スマホでネットしたり、読書をしたり自由な時間を過ごすことができます。

ちなみに、私はこの記事の構成を考えていました(^o^)

 

こういったスキマ時間を有効につかうと作業がはかどります。

そうこうしている内にあっという間に14時になり、整備士さんが戻ってこられました。

点検に60分、説明に10分といったところですね。

 

ダイハツの公式ホームページでは安心6ヶ月点検は30分とかかれていました。

画像引用:ダイハツの公式ホームページより

 

ちなみに、今回、私が点検を受けた車がコチラ

  • 車種:タント
  • 年式:平成22年式(2010年式)
  • 走行距離:96,565㎞

私の場合、走行距離が長く、ほぼ毎日乗っている車だったため、点検箇所も多く時間がかかったようです。

「新しい車であれば30分程度で終わる事もある」と整備士さんも言っていました。

 

ダイハツ6ヶ月点検の料金は6,264円!

時間がわかったところで、次に気になるのは6ヶ月点検の料金だと思います。

 

私のタントの場合、6ヶ月点検の料金は6,264円でした。

 icon-tags 6ヶ月点検の項目
  • エンジンオイル点検
  • ラジエーター(冷却水)の点検
  • ブレーキの効き具合 点検
  • パーキングブレーキの引きしろ 点検
  • ブレーキブレード 点検
  • タイヤ 点検
  • タイヤ空気圧 点検
  • ホイールナット締め付け 点検
  • パワーステアリング 点検
  • 灯火装備点検

以上の項目を点検してもらいました。

 

異常箇所としては、ドライブシャフトのグリースが出ているので、今後ハンドルを切った時に音がする可能性があるとのこと。

タイヤが外れてしまうということはないが、グリースが出てしまい摩擦が大きくなると音がするようになるので、そのような状態になったらシャフトを交換した方がよいと言われました。

特に今すぐに対応する箇所ではないので、今回の点検には含まれていませんでした。

 

後々、こういった事が起こる可能性があると教えてもらうと、いきなり言われるよりも信頼できますよね(^^)

 

ちなみにダイハツの公式ホームページには以下のような記載がありました。

画像引用:ダイハツの公式ホームページより

 

4,860円なので、私の場合より1,500円ほど安いです(;^ω^)

まあ、料金は予告なしで変更すると書いてありますし、あまり気にしないようにします…。

 

ダイハツのオイル交換の料金は2,700円!

点検代とは別に、オイル交換も一緒にやっていただきました。

交換費用は2,700円

6ヶ月点検の一番の目的はこのオイル交換だと個人的に思っています。

なぜなら、オイル交換の目安となる5,000㎞に到達するタイミングに近いからです。

 

2010年に購入して、9年で96,000キロ走っているので、1年に1万㎞ほど走っています。

そうなると半年で5,000㎞。

6ヶ月点検の時にはちょうど交換する時期というワケです。

グッドタイミングなので、点検と一緒にお願いしています。

 

定期的にエンジンオイルを交換した方が良い理由

エンジンオイルを交換しないと、オイルが汚れて燃費が悪くなります

また、フィルター詰まりの原因となり、エンジントラブルの元になる可能性もあります。

オイルを交換することで燃費がよくなり、エンジンの調子も上がるわけです。

3,000円程度ですむ効果的なメンテナンスの1つであるため、定期的に交換することをおすすめします

 

結果的に、今回の6ヶ月点検の費用は以下のようになりました。

今回の点検で支払った金額

  • 6ヶ月点検代:6,264円
  • オイル交換代:2,700円
  • 合計:8,764円
マモル
オイル交換はやってもらうことが多いため、6ヶ月点検としてはオーソドックスな金額ですね。

 

ダイハツの工賃表をご紹介!

オイル交換だけでなく、点検したタイミングで色々な部品の交換を推奨される場合があります。

例えば、エアコンフィルターやバッテリーなど。

これらの交換にはいくら位かかるのか、ディーラーに掲示してあった料金表を元にまとめてみました。

作業内容 作業時間 料金
エンジンオイル交換 10分 2,700円
エンジンオイル+オイルエレメント交換 15分 3,780円
オートマティックオイル交換 30分 7,560円
CVTオイル交換 30分 10,260円
バッテリー交換 10分 7,020円
タイヤローテーション 20分 2,160円
エアコンフィルター取り付け及び交換 10分 3,780円
ディスクパッド交換 60分 15,120円

エンジンオイルエアコンフィルタータイヤ交換などは走る頻度や距離が長いと定期的に交換が必要になるので、参考になればと思います。

 

【まとめ】6ヶ月点検を経験して分かった3つのこと

 icon-tags 6ヶ月点検を経験して分かった3つのこと
  1. 6ヶ月点検の時間は1時間程度(早ければ30分程度)
  2. 6ヶ月点検の料金は6,264円
  3. エンジンオイルの交換費用は2,700円

 

6ヶ月点検の時間や料金について経験したことを元にお伝えしてきました。

エンジンオイルはやはり点検のタイミングで、定期的に交換してもらった方が良いですね。

 

ヒロシ
色々勉強になりました。最後に一つだけ質問させて下さい。6ヶ月点検は必ず受けないといけないのですか?
法的に定められた点検ではないので、必ず受けないといけないわけではないよ。でも、よく走る車だからこそ見てもらうことが大事だよ。
マモル

 

走行距離が長い車や、年式が古い車ほど不具合が起きる可能性が高くなります。

また、毎日走る車やちょい乗りする車ほどオイルが汚れたり、タイヤ・ブレーキの消費が激しくなります。

 

1年点検でもカバーできないという事はありませんが、6ヶ月ごとにチェックしてもらう方が安心です。

命を乗せて走っている車だという事を忘れずこまめなメンテナンスを心がけましょう。

 

依頼する時は電話一本入れて予約することを忘れずに

スムーズに点検が受けられるようになります。

 

最後に、今回点検を引き受けてくれた整備士は点検の内容や不具合の説明をとても丁寧にしてくださいました。

ダイハツさんの対応に感謝しますm(__)m

 

-車に関するQ&A

Copyright© ~初心者でも失敗しない車の売り方~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.