車に関するQ&A

日産のタイヤ交換の料金はいくら?実際に交換してもらった結果!

投稿日:2019年8月26日 更新日:

「日産でタイヤを交換したいのだけど、料金はいくら位するのかな?」

「ディーラーは高いと聞いたことがあるけど、安く交換する方法はないのかな?」

 

ガソリンスタンドで給油している時や、車の点検をしてもらっている時にタイヤがすり減っていると指摘されたことはありませんか?

 

タイヤがすり減っていると運転に支障をきたし、交通事故を起こす可能性があります。

そのため、なるべく早く交換した方が良いわけですね。

 

でも、仮にタイヤを4本交換するとなったら、結構なお金がかかるのも事実です。。

実際にアンケートを取った結果、ディーラーでタイヤ4本交換した場合、以下のようなデータを得ることができました。

【 アンケートの一部 】

 

【 ディーラーにタイヤ4本交換を依頼した料金 】

このグラフをみてどう思われますでしょうか?

 

「ディーラーで交換すると高い」というイメージをもたれるかも知れませんね(^_^;)

でも、大体の金額を知っておくと、請求書を確認するときにビックリすることもなくなります。

 

フルカワ
そこで、当サイトの管理人であるフルカワが実際に日産でタイヤ交換した経験を元に以下の情報を包み隠さずお伝えします。
  • いくら支払ったのか
  • タイヤ交換といっても何にいくらかかったのか
  • 日産(ディーラー)の対応 など

 

 

ちなみに、私が今回タイヤ交換を依頼した車がコチラ↓

日産のノートです。

先日、エアコンの修理をしてもらった際に、ハガキをいただきキャンペーン中だということで4本交換してもらいました。

 

新しいタイヤはピカピカで気持ちが良いですね(^^)

それでは、ここから実際にかかった料金や内訳など詳しくお伝えしていきます。



日産でタイヤ交換した料金は54,000円となりました

今回、私が交換したタイヤは4本で54,000円でした。

ディーラーで普通自動車のタイヤを4本交換するとなれば、平均的な金額と言えます。

 

実際にアンケートを集計した結果がコチラ↓

【 ディーラーでタイヤ4本交換した料金 】

1万円~2万円 10%
2万円~3万円 10%
5万円~6万円 30%
8万円~9万円 30%
9万円~10万円 10%
10万円以上 10%

アンケートの結果、ディーラーで交換した場合、

5万円~6万円・8万円~9万円が最も多く全体の60%を占めます。

私の場合も5万4千円でしたので、交換料金としては妥当な金額と言えます。

 

どうして金額にばらつきがあるのかというと、

一言でタイヤ交換といっても様々な部品代や技術料などが含まれているからです。

 icon-tags タイヤ交換に含まれる料金
    • タイヤ本体の値段
    • 技術料(工賃)
    • タイヤ廃棄料
    • バランス調整料
    • エアバルブ代

 

タイヤ本体の値段

その名の通り、純粋にタイヤのみの価格です。

タイヤの値段は基本的に以下の基準で決まります。

  • 国産か外国産かどうか(国産だと高くなる)
  • タイヤの大きさ(タイヤのサイズが大きいほど高くなる)

つまり、国産でタイヤが大きいほど値段が高くなるという事です。

例えば、トラックなどのタイヤは大きいので値段が高く、軽自動車のタイヤは小さくても大丈夫なため、安くなる傾向にあります。

 

技術料(工賃)

タイヤを取りかえるための人件費になります。

主にプロの整備士が交換するため、その技術料というワケですね。

技術料は依頼するところによって値段が変わってきます

主にディーラーが高く、ガソリンスタンドやカー用品店などは安い傾向にあるようです。

 

タイヤ廃棄料

タイヤを交換すると、取り替えた古いタイヤは処分することになります。

タイヤは産業廃棄物として処理するため、専門の業者に依頼する必要があります

その廃棄料金として支払うのがタイヤ廃棄料です。

 

バランス調整料

タイヤは一見するときれいな円の形をしていますが、実は少し歪んでいるところもあります。

高速道路などを走る際にはその小さな歪みによって違和感が生じる場合があります。

それを解消するのがバランス調整とよばれる作業です。

具体的にはタイヤにおもりを付けることで対処します。

このバランス調整も整備士さんなど技術がいる作業なので費用が発生します。

 

タイヤ交換といっても、具体的にどのような項目が含まれているのかお分かりいただけたでしょうか。

では、次から実際に私の場合、何にいくらかかったのか具体的にお伝えします。

 

タイヤ交換の内訳

タイヤ4本(ブリジストン) 55,728円
技術料 6,480円
タイヤ廃棄料 2,160円
技術料値引き -4,320円
部品値引き -6,048円
合計 54,000円

今回の交換ではバランス調整料やエアバルブ代は請求されませんでした。

 

それでもタイヤ1本につき約14,000円かかっています。

そこから技術料(工賃)が上乗せされるのでやはりディーラーは高いという印象です(;^ω^)

 

ただ、今回キャンペーン中ということで、技術料と部品値引きがあり、1万円ほど安くなりました。

もしディーラーでタイヤ交換するならキャンペーン中を狙うと良いですね。

 

そうじゃなかったら65,000円ほど支払うことに…。

この1万円の差は大きいですよね(汗)

 

日産でタイヤ交換してもらった時の料金はここまでお伝えした通りです。

 icon-tags ここまでのまとめ
    • アンケートの結果、相場としては5万円~6万円、8万円~9万円が多くの割合をしめる
    • 実際に私が交換してもらった料金は54,000円

 

料金が把握できたところで、次に気になるのは交換するのにかかった時間ではないでしょうか?

どれ位時間がかかるのか分かれば、その日の予定も立てやすくなります。

次はその時間についてお伝えします。




 

日産でタイヤ4本交換するのにかかった時間

私の場合、タイヤ交換に約70分ほどかかりました。

日産は10:00~営業となっていましたので、前もって予約しておいて11:00頃にディーラーに持って行きました。

 

あとはキーをあずけて、お店の中で待たせてもらうだけ。

受付の方が飲み物とおしぼりを用意して下さいました。

 

飲み物は自販機が設置してあって飲み放題♪

ファミレスのドリンクバー状態でしたが、ガブガブ飲んでいるお客さんはいませんでしたので、2杯までにしておきました(^_^;)

 

店内は涼しく広々とした空間でリラックスして待つことができました。

整備士の方からキーを受け取ったのが12:10ごろ。

 

ピカピカのタイヤになって帰ってきました。

4本交換となると早くても1時間程度はかかるのではないかと思います。

 

アンケートの結果でも1時間以内と回答する方が最も多かったです。

【 ディーラーでタイヤ4本交換した際にかかった時間 】

1時間以内 50%
1時間以上~3時間未満 44%
3時間以上~6時間未満 4%
1日以上 2%

 

さて、ここまで日産でタイヤ交換してもらった体験談を元に料金や時間についてお伝えしてきました。

ここまでご覧になって、

「でもやっぱりディーラーでのタイヤ交換は高いな(汗)」

「もう少し安くできるところはないかな…」

そう感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そこで、ここからはディーラー以外でタイヤ交換してくれる所をご紹介しつつ、それぞれのメリットやデメリットについても掘り下げてご紹介していきます。

 

ディーラー以外でタイヤを交換してくれるところ

ディラー以外でタイヤ交換してくれるところは次の4つです。

 icon-tags ディーラー以外でタイヤ交換してくれるところ
    • ガソリンスタンド
    • 整備工場
    • カー用品店
    • タイヤ専門店

ディーラーもあわせると5ヶ所で交換可能ということになりますね。

 

アンケートで50名に聞いたところ、ディーラー以外でタイヤ交換している方が多く、結果は以下のようになりました。

【 タイヤ交換を依頼したところ 】

ガソリンスタンド 8%
整備工場 20%
カー用品店 34%
タイヤ専門店 18%
ディーラー 20%

カー用品店が1番多く、全体の34%を占めます

次いで、ディーラー・整備工場となっていますね。

 

つまり、ディーラーで頼む人は全体の20%に過ぎず、残りの80%は別の場所でタイヤ交換しているといえます。

どうして、8割の方がディーラーではなく、他の所に依頼するのでしょうか。

なぜなら、それぞれメリット・デメリットがあり、各個人のニーズを満たしている所を選んでいるからなんです。

 

それぞれのメリット・デメリット

一覧表にするとわかりやすくなるので、まとめてみました。

タイヤ交換するところ メリット デメリット
ガソリンスタンド 全国どこにでもある

気軽に利用できる

交換費用が安い

技術力にやや不安
整備工場 柔軟に対応してくれるので、持ち込み交換なども交渉できる 店舗によって技術力に差が出る
カー用品店 タイヤの品ぞろえが比較的多いので、値段や好みに合わせてタイヤを選べる 休日・日曜日などは混雑していると待ち時間が長くなる
タイヤ専門店 技術力が高く、タイヤに関する相談にのってもらいやすい 基本的にそのメーカーのタイヤしかないので、選択肢は狭くなる傾向にある

専門店だけに値段は高い傾向にある

ディーラー 技術力が高く純正タイヤと交換してくれるので安心感がある 費用が他と比べて高い

 

メリット・デメリットを比較すると、あなたに合ったタイヤ交換の依頼先がわかってきます。

 

例えば、以下のような判断基準でタイヤ交換先を選ぶことができます。

  • 安さ・手軽さを重視するならガソリンスタンドやカー用品店。
  • 依頼しやすい知り合いがいるなら整備工場。
  • 自分でしっかりしたタイヤを選びたいならタイヤ専門店
  • 技術力が高く、安全性を求めるならディーラー

 

値段をとにかく安くしたいのであれば、ネットでタイヤを安く購入して、自分で取り替えすることです

そうすれば、技術料などを払う必要がありませんので、単純にタイヤ代と廃棄料金だけですみます。

 

でも、自分でタイヤ取り替えを出来る人はなかなかいませんよね(汗)

そこでおすすめなのが、ネットで購入してタイヤ持ち込みが可能なお店に依頼する方法です。




 

ネット購入&タイヤ持ち込みで交換するのが一番安い

ネットでタイヤを購入すれば、お店で買うより安い値段で手に入れる事ができます

さらに、購入したタイヤを取り替えてくれる所に依頼すれば、安くタイヤを購入した分だけお金がかからずに済みます。

 

例えば、今回私のノートの場合。

以下のタイヤと交換してもらいました。

  • タイヤのメーカー:ブリジストン
  • タイヤの種類:ECOPIA(エコピア) NH100c
  • タイヤのサイズ:175/65 R14
  • タイヤの価格:12,420円(キャンペーン中の価格)

1本につき12,420円となります。

 

このタイヤと同じタイヤをタイヤフッドというタイヤ専門通販サイトで検索してみました。

すると単品価格で8,424円、4本で38,016円という価格で購入できることが分かりました。

 

ディーラーの場合、タイヤ4本で49,680円だったので、約1万円安いですね。

 

しかも、今回のディーラーの値段はキャンペーン中の価格。

普段だったらもっと金額は上がっているはずです(^_^;)

つまり、ネットで購入した方が同じタイヤでも明らかに安いということです。

 

ただし、ご自身の車に合ったタイヤを選ぶ必要があるので、そこは注意しなければいけません。

タイヤの選び方についてはコチラをご覧下さい。

⇒自分で適正なタイヤを選ぶ簡単な方法

 

タイヤを選ぶ事ができたら、持ち込みOKのお店を探す必要があります

でも、「持ち込みでも対応してくれるところはどうやって探したら良いの?」

と思われるかもしれませんね。

 

その場合は、コチラをご覧下さい。

タイヤをネットで安く購入し、そのまま取り替え予約ができる方法をご紹介します。

⇒ネットでタイヤを購入して持ち込み交換してくれるおススメのお店

 

自分で適正なタイヤを選ぶ方法

自分でタイヤを選ぶ場合、基本的に2つの手順を進めていくことになります。

  1. タイヤのサイズを確認する
  2. タイヤのブランドを選ぶ

 

タイヤのサイズを確認する

まずはご自身の車のタイヤのサイズを確認しましょう。

というのも、車体の大きさによって適正なタイヤのサイズがあるからです。

 

例えば、トラック用のタイヤを軽自動車に取り替えるのはおかしいですよね(^_^;)

これは極端な例ですが、適切なサイズのタイヤを付けて上げないと走行能力にも影響するため、重要なポイントになります。

 

タイヤのサイズを確認する方法は実は簡単。

自身の車のタイヤに書いてある英数字を確認するだけだからです。

側面にタイヤのサイズが書いてあります。

 

例えば、今回の私のノートの場合。

「175/65/R14」と印字されているのが分かります。

これがタイヤのサイズを表しています。

 

サイズの表記は3つの種類に分かれています。

「175」「65」「R14」この3つです。

 

「175」とはタイヤ幅のことです。

この場合175mmということですね。

 

次の「65」とは偏平率(%)を表しています。

偏平率とはカンタンにいうと、地面とどれくらい接地しているかを表している数値です。

偏平率が低いほど接地幅が広いことを意味しています。

 

「R14」とはタイヤの内径(インチ)を意味しています。

内径はホイールと大きさと考えていただくとわかりやすいかと思います。

この場合、14インチということですね。

 

タイヤのサイズはこの3つを確認すれば、ご自身の車にあった物を選ぶことができます。

購入するときはこれらの情報をまずはメモしておいて、間違えないようにしましょう

 

ブランドを選ぶ

タイヤのサイズが分かったら、後はどのタイヤブランドから購入するのかを決める必要があります。

同じサイズのタイヤでも各メーカーによって色々な種類があり、価格差も大きいですからね。

 

国産であれば以下の3つが有名です。

  • ブリジストン
  • ヨコハマタイヤ
  • ダンロップ

国産のメーカーは品質が高く、長い間使用しても劣化しにくい特徴があります。

その分、値段はやや高めです。

 

外国産だと国産と比べて安いタイヤが多いです。

  • ハンコック
  • ナンカン
  • ネクセン
  • レーダー

など、たくさんの輸入タイヤがあります。

 

費用を抑えたいのであれば、外国産のタイヤを買うのもおすすめです。

少し昔までは外国産のタイヤは危ないというイメージでしたが、走行に関して大きな問題はないと感じています。

 

ただ、どうしても国産のタイヤと比べると耐久性の点では劣るといえます。

タイヤはゴムで作られているため、何もしなくても次第に劣化していきます。

 

国産のタイヤの方が日本の気候など環境に合わせて作られているため、その面で差が出てしまうのかと思います。

国産だから絶対安心!外国産だから絶対ダメ!という偏った意見ではなく、予算と好みに合わせてタイヤを選ぶことが重要ですね。

 

ポイント

  • 少しでも長く乗りたいのであれば、ちょっと高いけど国産。
  • 乗る機会や走行距離が多いので、消耗が激しく交換頻度が高いのであれば外国産のタイヤで安く料金を抑える




 

ネットでタイヤを購入して持ち込み交換してくれるおススメのお店

ネットでタイヤを購入し、さらに持ち込み交換に対応してくれるおすすめのネットショップはタイヤフッドです。

タイヤ購入と同時に取り替えの予約もしたい方タイヤフッドがおすすめです(^^)

 

タイヤ専門の通販サイトなのでタイヤの品揃えが多く、予算や好みにあったタイヤを購入できます。

タイヤフッドの公式サイトはコチラ

 

 icon-tags タイヤフッドの特徴
    • スマホでも分かりやすく操作しやすい
    • タイヤのサイズだけでなく、車種からも選べるので適したタイヤを探しやすい
    • ブランドからも検索が可能
    • すべてのタイヤに無料のパンク保証付き

Amazonや他のお店でも購入と取り替え予約が同時にできるところはありますが、使いやすさ、分かりやすさの点を考慮するとタイヤフッドが一番オススメになります。

 

スマホでも簡単に購入できるので、実際にスマホの画面でどのような手順で進めていけばよいのか順番にお伝えします

 

タイヤフッドでタイヤ購入から取付け予約するまでの流れ

まず、タイヤフッドのサイトにアクセスします。

タイヤフッドの公式サイトはコチラ

 

するとこのような画面が表示されます。

タイヤサイズが分かっているので、タイヤサイズから探すをクリックします。

 

ご自身の車のタイヤサイズを選びます。

今回は、私のノートの場合を入力してみました。

  • 「175」とはタイヤの幅
  • 「65」とは偏平率
  • 「14」とはタイヤの内径

4番目のタイヤの種類は普通のタイヤであれば「サマータイヤ」を選択して下さい。

他の選択肢には「スタッドレスタイヤ」「サマータイヤ+ホイール」「スタッドレスタイヤ+ホイール」があります。

入力が終わると「かんたんタイヤ検索」をクリックします。

 

すると、選んだタイヤのサイズの検索結果が出てきます。

私の場合、18件ヒットしてますね。

同じタイヤのサイズで18種類のタイヤが購入できるということです。

 

少し下の方にスクロールすると1番安いタイヤもわかりやすく表示されます。

4本で13,392円という驚きの安さです(^_^;)

料金を抑えたい方にとって嬉しい機能ですね。

 

ちなみに私が日産のディーラーに交換してもらったタイヤと同じ種類がコチラ

1本で8,424円となっていました。

やはりディーラーの価格(12,420円)より安いですね。

4本で38,016円と表示されているので、わかりやすいです。

 

更に取付予約にチェックすると、その分の料金も合わせて表示されます。

取付け料金が+8,640円加算され、合計46,656円で購入と取り替えが可能となります。

 

ディーラーで交換してもらった場合、タイヤと技術料の値引きがあって54,000円でしたので、およそ8,000円ほど安く交換できる事がわかりました。

やはり、ネットで購入+取付け予約ができるサービスは安くて便利ですね(^^)

 

購入するタイヤが決まったら、取付店を選んでいきます

「取付店を選ぶ」をクリックします。

ご自身の郵便番号を入力します。

ココでは東京のお台場の郵便番号を入力しました。

 

次に検索ボタンを押します。

すると近くで取付けできる店舗が表示されます。

今回だと55件あるという事ですね。

 

お店の詳細も確認できます。

評価の高い順に表示されますので、好きな所をこちらが選んで任せることができます。

こういった優秀接客サービス賞を受賞したお店だと安心できますよね(^^)

 

良さそうなお店が決まったら、この取付け店で予約するをクリック(タップ)します。

 

すると交換可能な日付が表示されるので、都合の良い日を選択します。

 

その日の時間まで選ぶ事ができるので、スケジュール調整もしやすいですね(^^)

時間が決まったら、この日程を選ぶをクリック(タップ)します。

 

すると購入手続きへ進むと表示されますので、こちらをクリック(タップ)して下さい。

 

会員登録の画面に移行します。

 

新規会員登録をする場合はこちらの画面にそって必要な情報を入力します。

ちなみに会員登録が面倒な方は

  • Twitter
  • Facebook
  • ヤフー

これらのアカウントを持っていれば、そのアカウントで登録できるので、入力の手間が省けます。

 

あとは決済方法を選んで注文すれば完了です。

取り付け店に予約した日時に車を持っていけばOK。

 

ちなみに支払い方法はこの3つが利用できます。

  • クレジットカード
  • 銀行振込み 前払い
  • 後払い

 

なにか分からないところがあれば、サポートセンターに連絡することも可能です。

電話やメールで問い合わせることができます。

実際にスマホで手続きしてみましたが、タイヤサイズが分かっていれば、5分で完了できる作業内容ですね。

特に迷うことなく、ぽちぽちスマホをタップしていけば購入画面までたどり着くことができました。

 

 

また、タイヤのサイズが分からない場合でも、車種からタイヤを選び出すこともできます。

メーカーと車種さえ分かれば、その車に適したタイヤが自動的に表示されるので、便利ですね。

タイヤのサイズ調べるのが面倒くさいという方は利用してみて下さい(^^)

 

タイヤフッドは簡単に自分にあったタイヤを安く購入出来るお店になっています。

少しでも安くタイヤ交換したいという方におすすめです。

タイヤフッドの公式サイトはコチラ

 

【まとめ】ディーラーは安心感を買うと思えば納得できる

ここまで、日産で実際にタイヤ交換した体験から料金や時間をお伝えしました。

また、安くするなら、ネットで購入し、同時に取り替え予約できる通販サイトをご利用する方法もご紹介しました。

 

ディーラーと比べると、やはりネットやカー用品店を利用する方が安くなるケースが多いです。

 

ですが、ディーラーには他の所では負けない技術力と知識があります

やはり、自社の車をどこよりも理解しているという点では1番です。

 

だからこそ、少し高くてもディーラーに依頼する方がいるわけです。

ディーラーは全て丸投げでもしっかり交換してくれるので、車にあまり詳しくない方でも安心して預けられますからね(^^)

 

少しくらい高くても安心感が欲しい、面倒な手間をかけたくないという方はディーラーにお願いすることをおすすめします。

そのときは、今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。




-車に関するQ&A
-

Copyright© ~初心者でも失敗しない車の売り方~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.